ダルダ事典 キャラクター編

【ア行】 【カ行】 【サ行】 【タ行】 【ナ行】 【ハ行】 【マ行】 【ヤ行】 【ラ行】 【ワ行】

秋月 蘭
[画像]
 リカの同級生。
 しかし実は、黒魔時空人の特別幹部・オルキヌスの、人間界での姿。
 海外より、城南小学校に転校してくる。
 頭脳明晰で容姿端麗だが、まったく友達を作ろうとせず、無口。
『蚊が寄ってきたら手を差し出した』などの妙な噂がまとわりつくことも手伝って、クラスで無視されている存在。
 リカが話しかけることもあるが、たいていは、小学生では理解し得ない意味不明の言葉を呟いて立ち去る。
 逆に、リカに話しかけたり、一緒に帰ろうと誘うこともあるが、それは決まって黒魔時空人による事件がどこかで起きているときである。

TOP
エイク
[画像]
 〈追撃の球魂〉のネコ型疑似精霊。
 やや無機質な感じで無口・クール。
 バイクと融合し、〈エクスターゼ〉となる。

TOP
オルキヌス
[画像]
 黒魔時空人でありながら白魔時空のアイテム〈追撃の球魂〉の適格者。
 その力を見いだされ、人間にして10歳という若さにも関わらず、フライシス直属のエージェントとなる。
〈追撃の球魂〉はリカの〈反撃の球魂〉と同じように、状況によって戦闘能力を変化させる能力を備えている。ただし、非可逆型の変化である。
オルキヌス・アルラウネ
オルキヌス・メドウサ
オルキヌス・サラマンデス

TOP
オルキヌス・
 アルラウネ
 オルキヌスの通常/魔法形態。全身は紫色。
 使い手の意志で自在に空中を飛び回る、木の葉をかたどった一対の小双剣剣〈デュアルリーファー〉を使う。
【使用する魔法】
 ●吸血姫の蔦〈ヴァンピレス=ルート〉
地面より薄赤く光る蔦が伸び、対象にからみつき動きを封じるとともに、少しずつ精気を吸い取り、ダメージを与える。
 ●死の花霞〈アルラウネ=ミスト〉
薄紫色の霧で相手の視界を封じる。またこの霧には遅効性の毒が含まれており、長い間吸い込んでいると、体の筋肉が麻痺しやがて死に至る。
 ●樹精の微笑み〈ドライアド=スマイル〉
魔法に対する抵抗力が低い相手を魅了する。対象は術者を命に代えても護ろうとする。

TOP
オルキヌス・
 メドウサ
 オルキヌスの接近戦闘形態。全身は深緑色。
 斬りつけた相手を石化させたり、堅い装甲をうち砕いたりできる、身の丈ほどの青銅色の大剣〈ゴルゴンソード〉を使用。
【使用する魔法】
 ●幻の蛇〈イリュージョン=サーペント〉
視線を合わせた相手を金縛りにする。対象は、無数の蛇で全身を締め付けられているような感覚に陥る。
 ●真鍮の翼〈ブラス=ウイング〉
背中から真鍮色に鈍く光る翼をはやし、一定時間飛行する。羽ばたくことによって強風を巻き起こすことも可能。

TOP
オルキヌス・
 サラマンデス
 オルキヌスの射撃戦闘形態。全身は桃色。
 炎の魔力を弾丸として打ち出すハンドガン〈クライシスバスター〉を使用する。
【使用する魔法】
 ●蒼炎の弾丸〈ブルー=バレット〉
美しく青く輝く、鉄をも溶かす高熱の弾丸。貫通力に優れる。
 ●白熱の弾丸〈ホワイト=バレット〉
いわゆる閃光弾。まともに見た相手はしばらくの間、視力を失う。
 ●紅龍の弾丸〈レッド=バレット〉
赤き龍をかたどった炎を発射。飛び回る龍は辺り一帯を炎の海と化す。

TOP
ガーネット・フォーム
[画像]
 ダルダの中距離戦闘形態。鞭を自在に操る赤の戦士。
 俊敏な動きと変幻自在の武器で相手を翻弄・殲滅する。
【使用する武器】
 ●炎の鞭〈ガーネットビュート〉
【必殺技】
 ●クリムゾン・インパクト
(1) 「ガーネット・バインド!」
炎の鞭を振り回すと、炎の輪が何重にもなって相手を拘束する。
(2) 精神を集中しつつ鞭を頭上に掲げる。鞭がまっすぐ伸び、燃えさかる炎の槍に。
(3) 「クリムゾン・インパクトー!」
投げつけた炎の槍が相手を貫く。
※(1)は省略の場合あり
【使用する魔法】
 ●炎の鷹〈フレイム=ホーク〉
手から敵めがけて鳥の形をした炎を発射する。射程は短いがある程度コントロールできるうえ、両手からそれぞれ発射できる。
 ●陽炎〈ミラージュ〉
蜃気楼を発生させ分身。相手を幻惑する。

TOP
仮面ライダー
 クオン

[画像1]
[画像2]
[画像3]
[画像4]
 草波亘〈信念の球根〉の力で変身する。全身が暗い色調の魔力装甲で覆われている。
〈信念の球魂〉そのものの力に加えて、魔時空人の血を引いていない純粋な人間である草波が球魂を使うことにより、本来以上のパワーを放出できる。
 しかしそれと引き替えに、大きなリスクも存在している。変身して戦うたびに草波の肉体には大きな負担がかかり、確実に寿命を縮める結果になっている。自覚症状としては変身を解いた後に残る全身の激痛と、慢性的な疲労感、目眩など。
[若い]球魂であるため疑似精霊は持たないが、バイクに魔力を注ぎ込むことによって、〈ライドフォーマー〉という専用サポートユニットに変質させることが可能。
 武器を持たず、突きや蹴りなどの格闘技で戦う。魔法的な技も使えるが、厳密には魔法ではなく〈球魂〉の力を放出しているに過ぎない。
【使用する武器】
 ●なし
【必殺技】
 ●ブライト・キックト
【使用する技】
 ●拳銃
指でかたちづくった拳銃から、指先ほどの大きさの魔力弾を発射する。
かなりの威力があり、幹部クラスの魔力装甲でも貫くことができる。
 ●盾
両手を前にかざすと、高さ2m・幅90cmくらいの魔力障壁を生み出すことができる。
射出系の攻撃を弾き返したり逸らしたりできる。
 ●散弾銃
両手を腰にため、両方の掌を向けるように一気に前方へと突き出す。円錐状に無数の魔力弾を発射。

TOP
仮面ライダー
 ダルダ

[画像]
 立花リカ〈反撃の球魂〉の持つ魔法力によって変身した姿。
 状況に応じて形態を変化させ、各形態はそれぞれ専用の魔法武器を生み出す。
 使い魔(ファミリア)として疑似精霊〈ビオ〉がサポート。
 身長160cm B90W58H86。
ガーネット・フォーム
クリスタル・フォーム
サファイア・フォーム
トパーズ・フォーム

TOP
草波亘
[画像]
 24歳。警視庁刑事部捜査1課強行犯4係所属。階級は警部。
 警視庁にて研修中の国立大卒、準キャリア組。
 警官になったのは、やはり刑事であった父(殉職)を尊敬していたため。まさに正義感の固まりのような男。
 城南署管内で発生した殺人事件の特別捜査本部要員として本庁から派遣される。
 城南署のベテラン、兵藤刑事と組んでの地取り捜査に当たる中で、

  ・事件当時、立花レイが不審な行動を取っていた
  ・四散した謎の死骸に囲まれて、レイの娘、リカが泣きじゃくっていた
  ・リカは何があったのかをしゃべろうとしない
  ・滝には傷害の前科がある

 ……など理由から、事件の背後には立花レイが関与、それを滝次郎とリカが隠していると判断、兵藤とともに立花家および滝次郎を執拗に洗う。

 後に〈信念の球魂〉を得て、仮面ライダー クオンに変身することになる。

TOP
クリスタル・フォーム  リカが初めて変身した純白の戦士。ダルダの標準形態。
 格闘技で戦い、必殺のキックを放つ。
【使用する武器】
 ●なし
【必殺技】
 ●ブルーミング・シュート
(1) 「ブライトチャージ!」
パワーを放出し、全身が強く輝く。
(2) 空高く飛び上がり一回転。
(3) 相手に向かって急降下。
その過程で全身の輝きがつま先部分に集中。
(4) 「ブルーミング・シュート!」
相手は閃光とともに消滅

TOP
サファイア・フォーム  ダルダの高速・近距離戦闘形態。
 敵の攻撃を受け流し、無効化したのち、必殺剣でとどめをさす。
 青を基調にしたカラーリング。
【使用する武器】
 ●細剣〈サファイアフルーレ〉
【必殺技】
 ●ファイナル・バレストラ
(1) 「トライアングル・シール!」
呪文を唱えつつ、剣で△の軌跡を描く。
(2) 軌跡に合わせて生み出された三角形の光がピラミッド状に展開。
相手を閉じこめる。
(3) 全身に青い輝きを纏いつつ剣を構え、相手めがけて滑るように高速移動。
(4) 直前で剣を突きだし体ごと相手を貫く。
「最後の一突き!」
相手は三角形の力場の中で爆発。
※(1)(2)は省略の場合あり
【使用する魔法】
 ●夢紡ぎ〈ドリーム=スピナー〉
剣の切っ先を複雑に動かし、相手を朦朧とさせる。
 ●霧のヴェール〈ミスティ=ヴェール〉
虹色にきらめくマントを召喚。
強度はかなりあり、左手でマントを振って相手の攻撃を受け流す。また、弱めの魔法なら弾き返したりできる。

TOP
セヌーカ
[画像1]
[画像2]
[画像3]
 黒魔時空人・戦術参謀。27歳。
 腕っ節には自信のある、格闘系の軍人気質で、強敵との真剣勝負が大好き。
 当初フォレスティア残党の鎮圧に当たっていたが、ダリアース敗北を受けて人間界侵攻に着手。
 腕の発射孔から炸裂弾を射出できる。
 拳の破壊力が数倍になるカイザーナックル〈デストロンナックル〉を駆使する。
【使用する魔法】
  特になし。

TOP
滝次郎
[画像]
 25歳。『フラワーショップ・立花』の店員&『立花レーシングチーム』のコーチ兼レーサー。
 幼い頃から空手を学び、中学校時代からは、ケンカに明け暮れるようになる。
 しかし、17歳の時に両親を失い、妹の洋子(当時4歳)と二人きりになった事、そして立花氏と知り合った事をきっかけに更正、現在に至る。
 レイが姿を消した後、フラワーショップ・立花を切り盛りしながらリカの面倒を見ることになる。

TOP
滝洋子
[画像]
 12歳。リカと同じ城南小学校に通う6年生。滝次郎の妹。
 次郎が立花氏の世話になったのがきっかけで、リカ、レイとも家族同様仲良くなる。
 特にレイは、洋子にとっても母親といえる存在だったことから、その疾走について何かを隠している兄とリカに対し、若干の反発を見せるようになる。


TOP
立花リカ
[画像]
 10歳。城南小学校5年3組。身長140cm。
『フラワーショップ・立花』を経営する母親、レイと二人暮らし。
 学校でも園芸委員会に属するなど、母親譲りの、草木や動物を愛する優しい性格。
 その反面、祖父が創立した『立花レーシングチーム』のジュニアライダーという活発な面も持っている。ただし運転はまだ半人前。
 また、虫は大の苦手。
 父親は死亡したとレイに告げられているが、実は黒魔時空皇帝フライシス
 黒魔時空人の怪人に襲われた母・レイから、〈反撃の球魂〉を受け継ぎ、仮面ライダーダルダになる。

TOP
立花レイ
[画像]
 36歳。立花リカの母。『フラワーショップ・タチバナ』を経営。
 父は『立花レーシングチーム』のオーナー、立花氏となってるが、養子。
 彼女自身は、実は、白魔時空人の王族である。
 フライン〈信念の球魂〉を研究中、ナイトローズ一派に襲われ、人間界へと逃げた。
 それを追ってきたプロトタイプ・ジークを、〈反撃の球魂〉の力で倒すが、深手を負う。
 そこを助けたのが立花氏である。
 レイはその後、リカ懐妊が判明したこともあって、人間界で暮らすことになる。
 そして10年後、ついに本格的に〈ダルダの球魂〉を追って、人間界へやって来た黒魔時空の怪人と戦うため、再び魔法戦士に変身、戦うのだが……

TOP
玉城茂
[画像]
 城南小学校5年3組。『立花レーシングチーム』の幽霊メンバーでもある。
 サッカーとスカートめくりが趣味なお調子者で、時には言葉が過ぎるところもあるが、曲がったことは嫌い。
 リカとは幼稚園時代からの幼なじみだが、ことあるごとに突っかかり、ケンカになる。
 その割には、学校では同じ園芸委員会に立候補するなどの行動も見られる。

TOP
ダリアース
[画像1]
[画像2]
[画像3]
[画像4]
 黒魔時空人・諜報参謀。
 プライドが高く、自信過剰ではあるが、棒術については達人。
 また、毒性の強い花粉の噴霧能力をもつ。
 電気伝導率が極めて高い、鎖を仕込んだ仕込み〈ショッカースタッフ〉を駆使する。
【使用する魔法】
 ●召雷〈コール=ライトニング〉
狙った相手に雷を落とす。
 ●死の抱擁〈デス=グリップ〉
処刑用・暗殺用の魔法。相手を抱きしめ、全身から高圧電流を流す。
 ●雷電結界〈サンダー=ケージ〉
ある一点を中心とした、直径20mまでの半球状の結界を作りだす。
結界壁は高圧電流で覆われており、普通の人間なら触れただけで感電死する。

TOP
ダルダ 仮面ライダー ダルダ
TOP
デモンローズ
[画像1]
[画像2]
 ナイトローズ〈最後の球魂〉を吸収、変態した最終形態。
 球魂の超パワーにより理性を失い、肥大した闘争本能のみが彼を動かす。
 拳、蹴りなどによる直接攻撃に加え、無数のイバラ状の触手を駆使。
 また、強力なサイコキネシスと、短距離テレポート能力も備える。
【使用する魔法】
 ●魔法の盾
全ての魔法を防ぐ、黒い魔力障壁。
 ●魔力光(1)
頭部の薔薇の花に似た部分から発射される、帯状の黒い破壊光線。
 ●魔力光(2)
咆哮とともに広範囲に巻き起こる、黒い稲妻状の魔力光線。
 ●超・魔力光
両腕を交差させ生み出される黒い魔力球。
念を込めることによってどんどん大きくなり、それとともに破壊力も上昇。
別名「黒い元○玉」。

TOP
トパーズ・フォーム  ダルダの魔法を得意とするフォーム。天候を操る魔法が得意。
 ロングレンジでの戦いを得意とするほか、魔法は応用次第でさまざまな面で役立つ。
【使用する武器】
 ●魔法の杖〈トパーズ・ロッド〉
【必殺技】
 ●雷神の槌〈ライトニング=ハンマー〉
(1) 杖を持った両手を胸の前に突き出す。
→黄金色の魔法陣が出現。
(2) 呪文を唱えつつ両手を複雑に動かし、杖を持った右手を頭上に掲げる。
→魔法陣が強く輝き、光の帯となって天空に吸い込まれていく。
(3) 突如、空から強烈な雷が何条も杖めがけて降り注ぐ。
雷は杖の周囲でハンマー状の輝きとなる。
(4) 両手でハンマー(杖)を捧げ持ち、相手に叩きつける。
※(1)は省略の場合あり
【使用する魔法】
 ●突風〈ブラスト〉
強風で相手を吹き飛ばしたり、落下する人を助けたりできる。
 ●見えざる風の刃〈ウィンド=エッジミラージュ〉
かまいたちで攻撃。
 ●豪雨〈スコール〉
局地的に激しい雨を降らせる。
飛行する敵や水に弱い敵に有効
 ●凍てつく狼の咆哮〈フェンリル=ハウリング〉
猛吹雪を巻き起こす。広範囲に有効。

TOP
ナイトローズ
[画像1]
[画像2]
[画像3]
 黒魔時空人・幹部統括官。
 権力志向が強く、自分の野望のためには手段は選ばない。
〈ゴッドスレイヤー〉の銘をもつ強力な魔力剣(サーベル)を駆使する剣の達人であり、高い魔力の持ち主(暗黒系の魔法が得意)。
 フラインの研究成果を元に自らの高い魔力で作成した〈最後の球魂〉も秘蔵。
 ちなみに〈最後の球魂〉は、高いパワーを持つが動作が不安定である。
【使用する魔法】
 ●魔爆球〈スプレッド=スフィア〉
触れると爆発を起こす、直径5cmほどの黒いエネルギー球を無数に射出。
自分の周りに漂わせ、迎撃用に使うこともできる。持続時間は数分。
爆発せずに持続時間切れになった球体は消滅する。
 ●黒き龍の顎〈ドレイク=ジョーズ〉
両手を顎のように(波動拳のように)組み合わせるという動作が必要。
影から生み出された漆黒の龍が敵を噛み砕く。
自分の影だけでなく、どんな影からも召喚できる。
 ●心無き十字架〈ハートレス=クロス〉
鋼鉄も切り裂く十字形の黒いエネルギー剣を、相手めがけて投げつける。
エネルギー剣は術者の左手の動きに従って遠隔操作される。

TOP
ビオ
[画像]
 ダルダの使い魔(ファミリア)である疑似精霊。人間に近い感情表現ができる。趣味は読書と日光浴。
 リカのレース用ミニバイクと融合し、スーパーバイク〈ビオプランター〉となる。
 また、球魂に蓄えられたデータベースを引き出すための端末としての役割も果たす。

TOP
フライシス皇帝  フライン黒魔時空人の皇帝に即位するとともに改名。ナイトローズらを従え、種族存続のために人間界侵攻を推進している。
 だが実は、フラインはナイトローズによって封印されており、【フライシス】として声と名だけを利用されている状態にある。

TOP
フライン  リカの父であり、黒魔時空人の王族にして、高名な魔学士。
 魔時空界崩壊を防ぐため、白魔時空人レイと協力、球魂を使ったシステムを研究。
 だが、黒白の協力を快く思わないナイトローズに襲われてしまう。
 以後、ナイトローズによって【フライシス皇帝】として祀り上られ、その名と言葉を利用される。

TOP
ボウターヌ
[画像]
 黒魔時空人・技術参謀。
 慎重なる策謀家。
 オルキヌスに仕える名家の生まれ。
 ナギナタの達人でもあり、決してふさがらない“呪いの傷”をつける〈ブラックサタングレイブ〉を使う。
【使用する魔法】
 ●花隠れ〈ペタル=フェイド〉
花びらをまき散らし相手の目をくらませ、その隙に戦闘を離脱する。
 ●不吉なる芳香〈アンフォーチュン=フレグランス〉
少しずつ確実に運動中枢を冒す、かすかな香りを噴霧する。
 ●流血の花弁〈ブリード=ペタル〉
刃物のように鋭い花びらを、大量に投射する。刺さった花びらはそれ自体が蠢き、少しずつ傷を広げていく。
 ●逃れざる蠱惑の眼差し〈ゲイズ=オブ=チャーム〉
対象を思うがままに操る。対象は理性を保ったまま、記憶の一部のみ術者にとって都合の良いように作り替えられ、あたかも自由意志であるかのように命令に従う。

TOP