ダルダ事典 アイテム編

【ア行】 【カ行】 【サ行】 【タ行】 【ナ行】 【ハ行】 【マ行】 【ヤ行】 【ラ行】 【ワ行】

エクスターゼ
[画像1]
[画像2]
[画像3]
[画像4]
 〈追撃の球魂〉疑似精霊であるエイクがオルキヌスのミニバイクと融合した形態。
 人間界ではバイク型、魔時空界においては豹形態となる。

TOP
疑似精霊  球魂の使用者をサポートする。主に、過去の使用者が蓄積した知識・経験をフィードバックする役割を担う。
 また、任意の乗り物と融合し、使用者の機動力を上昇させる事も可能。
 融合状態では時空跳躍能力を持ち、人間界と魔時空界を行き来することもできる。最高速度は平均で時速300km前後。

TOP
球魂  白魔時空人の最強の武器。
 人種を問わず、使用者には一定の適性が必要とされる。仮に普通の人間が身につけた場合、魔時空人が身につけるよりも戦闘能力は上昇するが、副作用により命を削ることになる。
 純粋な魔力の結晶体であり、通常は使用者の体内(腰部)に存在する。
 両腕を使い魔法の印を結ぶことで、蓄えられた魔力が使用者に注入され、使用者は戦闘形態へと【変身】する。その際、使用者の肉体は最も戦闘能力の高まる肉体年齢に調整される。
 戦闘形態においては魔力装甲が実体化し使用者の全身を覆う。腰部に存在する球魂から全身に張り巡らされた魔力伝達神経が筋力・反応速度を飛躍的に高め、超人的な能力を発揮させる。
 球魂それ自体が使用者の知識・経験を蓄積することができ、新たな使用者にフィードバックできる。フィードバックの方法としては、疑似精霊によるサポートと、戦闘形態の変更によるさまざまな局面への対応(フォームチェンジ)の2通りが確認されている。


TOP
最後の球魂  ナイトローズフラインレイの研究成果を元に、強大な魔力をもって作成したもの。
 安定性を度外視して出力の高さのみを重要視した作りになっている。
 戦闘形態のバリエーションはない。

TOP
信念の球魂  フラインレイ球魂の研究の際に作成したもの。結晶体の色は深緑(あるいは紺色に見えるときも)。
 レイが隠し持っており、これまでの使用者はいない。
 白魔時空人黒魔時空人の協力によって作成されたため、潜在的な魔力の量は従来の球魂をやや上回る。
 戦闘形態のバリエーションはない。

TOP
追撃の球魂  白魔時空人の近衛兵の一人が所持していた球魂黒魔時空人の侵略を受けた際に奪われる(以前の使用者は死亡)。結晶体の色は紫。
 現在は、黒魔時空人の士官オルキヌスが使用者である。
 反撃の球魂ほどではないが、様々な使用者の手を経ており、戦闘形態のバリエーションはそこそこ多い。
 疑似精霊は猫型のエイク

TOP
HAG(ハッグ)  ハンディ・アンチマジックシールド・ジェネレーター(小型魔法防御壁発生装置)。
 魔法銃を含む直接攻撃魔法に対して防御力を発揮する小型の水晶球。ただし、精神幻惑系統には通用しない。
 身につけているだけで効果があるため、アクセサリーなどに偽装してある場合が多い。
 ちなみに、大変高価。

TOP
反撃の球魂  白魔時空人の王族、レイが所持している球魂。結晶体は黄色。
 後にレイが黒魔時空人に捕らえられた際、彼女の娘、リカに託される。
 球魂の中でももっとも歴史の古いものの一つで、戦闘形態のバリエーションも多い。
 疑似精霊は花型のビオ

TOP
ビオプランター
[画像1]
[画像2]
[画像3]
[画像4]
[画像5]
[画像6]
 ビオリカのミニバイクと融合した形態。
 人間界ではバイク型、魔時空界においては戦馬となる。

TOP
魔法銃  魔力を弾丸にかえて打ち出す、魔時空界の銃器。魔法の素質によらず誰でも攻撃力の高い魔法攻撃が可能。
 カートリッジ状の魔力蓄積弾倉が必要。ハンドガン型やライフル型など、威力・射程・装弾数別に様々なバリエーションが存在する。

TOP
魔法札  召喚系の魔法を扱いやすい形式にした、魔時空界のアイテム。生物/無生物を問わず、封印・召喚が可能。
 封印の際には、かなり高い魔法の素質が必要とされるが、召喚については、ある程度の素質があれば誰でも可能。

TOP