ダルダ事典 魔時空界編

【ア行】 【カ行】 【サ行】 【タ行】 【ナ行】 【ハ行】 【マ行】 【ヤ行】 【ラ行】 【ワ行】

アブラム
[画像1]
[画像2]
 黒魔時空人が生み出した人造兵士。戦闘要員を補充するために開発・作成された。
 〈ジーク -虫-〉〈フーラウ -花-〉などの命令に従う程度の知能を有する。
 寿命は1ヶ月程度。

TOP
黒魔時空人  魔時空界に住まう、・進歩的・魔法万能主義的な種族。平均的に魔法技術が高い。
 さまざまな独自の武装技術を持つが、特に戦闘技術・魔力コントロール技術に秀でる。
 また、〈ジーク -虫-〉〈フーラウ -花-〉などの武装も独特のものである。

TOP
ジーク -虫-  黒魔時空人の武装技術を使い、身体能力を上昇させた強化兵士。
 素体になった虫の能力を有し、また、魔力の収束効率が上昇するため、ジーク化以前より強力な魔法が使用できる。
 ちなみに素体となる虫は、兵士としての用途と被験者の相性によって適宜選択される。
 主に単独任務に従事。また、可逆性はないが、普通人間体への変身能力が付与される。
 なお、ジークとなるためには、一定以上の魔力の素養と魔法儀式が必要。

TOP
白魔時空人  魔時空界に住まう、保守的・自然主義的な種族。
 球魂という強力な武装技術を持ってはいるが、基本的には争いは好まず、専守防衛思想が主体である。
 魔力のキャパシティは平均的に高く、また、次元跳躍技術・自然干渉技術に秀でる。

TOP
フーラウ -花-  黒魔時空人球魂に対抗するために研究、実現させた強化兵士。戦闘指揮官として複数の〈ジーク -虫-〉を指揮する。
〈ジーク -虫-〉以上の戦闘能力を持つが、それだけに、ジーク以上に飛び抜けた魔力素養と魔法儀式が必要となる。
 素体になった植物に関連した能力を有すると同時に、〈球魂〉装着者と同じく、専用の魔法武器を生成することができる。
 また、可逆性はないが、魔法によって人間の姿を装うことはできる。
 なお、魔時空界では基本的に女性の方が男性よりも魔力素養が高いため、フーラウのほとんどが女性である。

TOP
魔時空界  人間界と【平行世界】の位置関係にある、科学技術の代わりに魔法技術が発達した世界。
 球形ではなく平板状であり、また、天動説を具現化したような状態にある。
 国家形態は、人間界における中世ヨーロッパのものに近く、封建制の社会が敷かれている。ただし、生産力自体が、魔法によるサポートが存在するため、中世のそれに比べ二桁ほども異なるため、農奴などは存在しない。
 人間を含むほとんどの動植物は人間界と共通しており、寿命も変わらない。
 白魔時空人黒魔時空人という二つの民族が存在している。それら魔時空人の半数は魔法を操る素質を持つが、もう半数は、アイテムの力を借りないと魔法を使用できない。
 なお、魔法を操る能力は、男性よりも女性の方が原則的に高い。
 剣・槍・斧・弓矢や、レザーアーマーやプレートメイルなどの武器/防具は存在している。それらの素材には、魔法を応用しての高い金属精製技術を用いた、鋼鉄〜魔法金属(ミスリルなど)が使われる。
 また、それ以外にも、〈魔法銃〉〈魔法札〉〈HAG〉、などの魔法技術を転用した武器/防具もある。  近年、魔法の使いすぎによる魔力元素の欠乏により崩壊の危機に瀕している。既に世界の端から消滅が始まっているという報告もある。
 ちなみに、人間界とは時間の流れる早さが異なり、魔時空の1年は、人間界の3年に相当する。

TOP